antipop.fm

第5話 メディア・モンスター

建築家が「メディア・モンスター」であり得た時代と黒川紀章について、曲沼美恵『メディア・モンスター』という本の紹介とともに話します。

Show Notes

Transcript

あんちぽえふえむ……(機械音で)

というわけであんちぽえふえむ第5回目は、今日はですね、曲沼美恵(まがぬまみえ)さんの書かれた黒川紀章さんの伝記『メディア・モンスター 誰が黒川紀章を殺したのか』を紹介したいと思います。

ところで、冒頭のはなんだったのか?という疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思いますが、追々話していきましょう。

黒川紀章さんといえば、2007年の東京都知事選に唐突に立候補したかと思いきや、当然のように落選し、半年後には亡くなってしまった、なにやら有名な建築家というイメージを持っている方も多いかと思われます。この本ではそのあたりの経緯も詳しく描かれるのですが、そのことには触れません。

いまとなっては、建築家が社会的なスターになるなんてことはほとんど考えられないことですが、黒川紀章は高度経済成長期の日本において、まさにポップアイコンとしてその言動が広く取りざたされていた存在でした。

1960年、丹下健三研究室出身の建築家たちを中心に始まったメタボリズムは、日本初の、世界に影響を与えたおおきなインパクトをもたらした建築運動でした。大高正人、槇文彦、菊竹清訓(きよのり)、粟津潔、栄久庵憲司、川添登といった先輩たちの中で、1934年生まれ、若干26歳の黒川は、若手建築家として早くから頭角を表していきます。

メタボリズムという建築運動や、その参加者、あるいは参加しなかった周辺の建築家たち、たとえば磯崎新さんなどについてもあれこれと話したいことがあるのですが、長くなるので今回は話しません。さしあたっては、レム・コールハースの『プロジェクト・ジャパン』を是非ごらんいただきたいということだけいっておきましょう。

そのメタボリズムの首謀者である浅田孝、このひとは浅田彰さんのおじさんなんですが、彼の伝記もめっぽう面白いので是非紹介したいのですが、ともあれ彼は、「まず名前だ。有名になりなさい。次に設計の腕だよ」とよくいっていたといいます。黒川もその影響を受けてか、「これからの建築家は知名度なんですよ」と語り、その通りにみるみる間にスターダムにのし上がっていきます。

建築ジャーナリズムはもちろん、「平凡パンチ」や「女性自身」などにもインタビューが掲載され、「女子大生がシビれる建築界の鉄腕アトム」などと見だしをつけられるなど、単なる建築家としての枠を超えて、ポップスターとしての扱いを受けていたのでした。

ポルシェやリンカーン・コンチネンタルなどの外車を次々と乗り回し、後に結婚する女優の若尾文子と付き合っていた時などは、アストンマーチンが彼女のマンションの駐車場にしばしばとめてあったことから、こんな車に乗っているのは黒川紀章に違いないと交際がバレるような、象徴的な存在でした。

ところで、冒頭の変な声は、黒川が1969年に、フルクサス周辺で活動し、オノヨーコの元オットでもあった前衛音楽家のいちやなぎとしと組んで発表した「カプセル宣言」のものまねです。当時最先端のコンピュータによる合成音声を使い、アヴァンギャルドなマニフェストを読み上げた作品です。マスコミ的な話題になるポップスターでありつつも、最先端の前衛ともコラボする思想界の寵児。それもまた、いまではあり得ない存在でしょう。

ちなみに、カプセル宣言の第1条はこんな感じ。

「カプセルとは、サイボーグ・アーキテクチャである。人間と機会と空間が、対立関係をこえて新しい有機体をつくる。人工内蔵をとりつけた人間が、機械でもなく、人間でもない、新しい秩序をつくるように、カプセルは人間と装置をこえる。建築は、これからますます装置化の道をたどるであろう。この精巧な装置は、道具としての装置ではなく、姓名型に組み込まれる部分であり、それ自身が目的的存在である」

YouTubeにあがっているので、是非全体を通してきいてみてほしいとおもいます。

そんな思想に裏付けされて作られたのが、黒川紀章の一番有名な作品、銀座8丁目にある「なかぎんカプセルタワービル」です。取り換え可能なカプセルを入れ替えることで、都市の新陳代謝を実現する、まさにメタボリズムを象徴する建築ですが、結局、現在に至るまで入れ替えが行われることはなく、老朽化にともない、取り壊しが検討されたりもしているようです。そうかとおもいきや、AirBnBで人気になったりもして新しい活用法が見いだされるなど、まだまだ寿命はつきないかもしれません。

とまあ、そんな黒川ですから、嫉妬も多かったようです。背の低い黒川はインタビュアーに「背が低いということは、背の高い人間よりそれだけ細胞が少ないんだと思いますが、どうお思いですか?」などと、いまでは考えられないような酷い質問をされたのですが、その答えがふるっています。

「細胞が少ない?それではいかにもぼくが単細胞みたいじゃありませんかっ。細胞が少ないんじゃありません。水分が少ないんです!」

その切り返しになんの意味があるのかさっぱりわからない。黒川紀章の魅力がつまったやり取りです。まさにメディア・モンスター。そう、あんちぽくんがいままさに駆け上がった先にある称号です。

そんなわけで、あんちぽくんメディアモンスター化計画の礎としてのあんちぽえふえむ、第5回めは『メディアモンスター 誰が黒川紀章を殺したのか』の紹介でした。